ご 挨 拶


 佐渡測量設計業協同組合は組合法による相互扶助の精神に基づき、組合員の経済的地位の向上と、測量設計業の発展に寄与することを目的として平成14年1月設立致しました。  今後、当組合を主体に業務の改善、資質の向上に努め、その社会的使命を遂行して参りたいと思いますので、広く関係各位の御理解と御指導をお願い申し上げます。

 測量設計業は、国に於ける財政構造改革の推進により、公共事業を取り巻く環境が一段と厳しくなり、又、入札・契約制度の改革、テクリス、アグリスの本格運用、更にCALS/EC等の導入により地元中小企業者の受注機会が一段と厳しくなる事が予想されます。

 我々組合員は、佐渡島内の社会資質整備、国土の保全、管理に重要な役割を担っており、この責務を果たすべく組合員もこれ迄に技術力の強化を初め、経営基盤の安定、人材の確保養成といった様々な課題に取り組みました。また、我々組合が新事業として数年前より鋭意進めています地理情報システム(GIS)に関する「地理空間情報推進基本法案」が今通常国会に提出される見通しで、法案が成立すれば、ますます需要が高まるものと、期待するところであります。

 組合員一同、新たにより一層の結束を固め、精度高い良質な成果の提供を目指し、皆様方の御期待に充分対応出来る様、最善の努力を傾注して参る所存でございます。  今後共、当組合を御活用賜ります様、切にお願い申し上げます。

                 佐渡測量設計業協同組合
                    代表理事 渡部 民雄
組合問合せ先 | | ©2014 佐渡測量設計業協同組合